たまのひとりごと

Bloggerに引越しました

Bloggerに引越しました。
3秒後に移動します。

※自動的に移動しない場合はこちらをクリックして下さい。

MY BOYS

しし丸が来てから仙太郎が甘えん坊になった気がする。しし丸を気にしているような素振りは全く見せなかったけど、内心ではすごく気になってたのかも。
子供の頃は跳んだり走ったりしてたけど、いつの日からかそういう事がなくなった。大人になって落ち着いたからなのか、もっと可愛がって貰いたくて甘える方を優先させたのか。

しし丸はいつも仙太郎を見てたから、気になっていることは知ってた。だからと言って仙太郎をライバル視してるような感じはなく、一緒に遊びたがってるような雰囲気だった。それは彼が後入りだからなのかもしれない。
ただ、仙太郎が居なくなってからは甘えん坊に なった気がする。寂しいからなのか、仙太郎に気兼ねなく甘えられるようになったからなのか。

私の気のせいかもしれない。考えすぎなのかもしれない。でもそうじゃないかもしれない。

もしこれらの行動の変化が、雄2匹を同じ部屋で飼ってる事が原因だったとしたら?
実際のところはどうか分からないけど、いつも考えてた。彼らがいなくなった今でも。

どんより

今日は雨。
そのせいで気分はどんより。

さっき久しぶりに、本当にかなり久しぶりにウサ友さん達のブログ巡りをした。
みんな元気にしてるかな~?

4匹のウサギさんが天国に旅立っていた。

うちの子たちが病気になった時、天国に行った時、それに私自身が辛い思いをしてる時も、ウサ友さん達が私を助けてくれた。いつも私の心の支えになってくれていた。
それなのに私は何もしてあげられなかった。

自己嫌悪で気分は更にどんより。
ただただ、飼い主さんの心の回復と、ウサギさん達のご冥福をお祈りするばかり。

手のひら

入院中の母の頭をそっと撫でると、手が近づくたびに目を閉じる。

ごめんね、手がでかくて。

しし丸も子供の頃はそうだった。
頭やオデコを撫でようとすると首をすくめたり、目を閉じたり。昔怖い目にあったことがあるのか、単にビビリだからなのか、それとも私の手のサイズに問題があるのか・・・

まぁ、ウサギからしたら人間の手は巨大よね。そりゃ怖いよね。

怖がらせたら可愛そうなので、なるだけ彼が怖がらないように死角からゆっくりと手を近づけて撫でた。声をかけながら。
そうこうするうちに、いつの間にか怖がらなくなってきた。

それに気づいた時は嬉しかったな。
さすがに真正面から攻めると一瞬ビクッとするけど、すぐに「あ、ナデナデか」と理解するようで、おとなしく撫でさせてくれる。(走り回りたくて仕方がない時と、カクカク丸に変貌中の時以外なら)

とはいえ彼はデコなでよりも、頭をマッサージされる方がお好みだったけど。

デコ撫で好きなのは仙太郎。私の手、怖くなかったのかな?

うさぎーずの教訓

プラスチック製の食器は齧るといけないからと、ステンレスや磁器製の食器に変えたところで、齧りたけりゃ齧るのがうさぎ。

軽い食器だと引っくり返すかもと、重い磁器製の食器を買ったところで、引っくり返す時は引っくり返すのがうさぎ。

カクカクを阻止しようと数々の試みをしても、カクカクしたい本能は止められない。それがしし丸。

少しは運動しろよとトンネルを作ってみても、一回くぐって満足する。それが仙太郎。

はみだしっこをするからトイレを大きなサイズに変えたり、三角から四角タイプにしたところで、はみだすもんははみだす。だってトイレの淵に座って、お尻を外に向けて発射するんだもの。トイレのサイズや形なんてどうだっていいんだもの。それが我が家のうさぎーず。

無駄。何をしても無駄。

無駄と言う言葉の意味を彼らに教えてもらいました。ありがとう。

真っ白いカタツムリ

・・・のような、ナメクジのような生き物を飼う事になった。
それもバスタブの中で。

パっと見は体長5ミリの真っ白なナメクジだが、良く見ると背中に細長い殻がくっ付いている。

「水温は28度に設定、水深は君の膝の位置くらいまでは必要だ」

学者は私にそう言いながら、バスタブに水を溜め始めた。
飼い方を聞こうとした時には、既に彼の姿は風呂場になかった。

仕方なく図書館へ調べに行ったが、この生き物に関する情報が全く見当たらず、次に向かったのは熱帯植物フェアを開催中の大きな公園。

そこに彼はいた。
学者ではなく、白カタナメクジね。

高さ1メートルほどの木の葉っぱに点々とくっ付いた白カタナメクジ達。
持っていた懐中電灯の光を当てると体が青く光った。
次に当てると赤、次は黄色、グリーン、オレンジ・・・・・・・素晴らしい!


そして目が覚めた。なんちゅう夢だ。
で、飼い方は?

10キロの肉

私は子供の頃から痩せている。甘いものは大好きやし、他の女性に比べると結構食べているのに全く太らない。
だから今までずっと、そういう体質なんだと思っていた。

ところが入院する1~2ヶ月ほど前にストレスが原因で激太り。
入院してからは食事は少量やし、間食もあまりしてなかったのに、一週間に1kgずつ増え続けた。どうやら筋肉が落ちたせいで脂肪が一気に付いたらしい。

リハビリを続けるうちに体重の増加は止まったけど、今まで平均体重42kgだったのが、退院時には51kgになっていた。
身長が162cmなんで、これくらいの体重が丁度ではある。ただ、お腹と太ももに集中して付きやがったせいで、持っているパンツのサイズが合わず、まともに穿けるのは1本だけ。
これはマズイ!

それからというもの私は…

特に何をするわけでもなく、普通の生活を継続(笑)
「マズイ!」と思いながらも何もしないのが私なのだ。

先日、パンツが少しゆるく感じたので、体重を量ると47kgになっていた。
ひゃっほー!痩せたー!ラッキー!

…いや、待て。勝手に痩せたってことは…
体重の増加は一時的なもので、もしかすると元のガリガリに戻ってしまうのでは?それはそれでマズイ!

もっとマズイのは、お腹と太ももの肉が未だご健在だということ。
リハビリメニューに腹筋や太ももの運動も含まれてるけど、回数をもっと増やさねば!
と、頭では思っている。

退院

前回の記事で「もう更新しないかもよ」的なことを書きましたが、これだけはご報告しておかないと!
今更ですが、今月初旬に退院しました。
まだゆっくりとしか歩けないし、時々バランスを崩したりもしますが、ぼちぼち良くなっています。
たまに調子に乗って咄嗟に走ろうとしてコケそうになることがあるので、最近では横着せず、確実に横断歩道を渡るようにしています。もちろん青信号の時に(笑)

この先、どこまで回復するのかはわかりませんが、ぼちぼち筋トレを頑張って、前のように跳んだり走ったりしたいです。

報告

ご無沙汰しております。皆様お元気でしょうか?
私は元気なんですが、何気に病気っす。へへ。

先月の初めに末梢神経の病気にかかり、運動機能が一気に低下し、突然、歩いたり立ち座りできなくなりました。
その後入院し、今は杖を頼りに、そこそこ自力で歩けるようになりました。
今は外出許可を取って自宅に帰って来ています。

この病気は治るのに時間がかかるそうで、神経系(しびれ等)に関しては後遺症が残る可能性があり、運動機能(筋力など)も完全に元通りになるとは限らないんですって。
でもまぁ、毎日のリハビリで地味ぃ~に回復しつつあるので、気長に頑張ります。

それはさておき、かめーずは昨年の秋に2匹とも家出しました。
しし丸は今年の春に天国へ。

すっかり寂しくなったみにまる一家。
今後、ブログ再開の見込みは・・・微妙。
とりあえずtwitter(@minimaltama)ではつぶやいてるので、アカウントをお持ちでしたらそちらでお会いできればと思っております。

長い間ありがとうございました。
みなさんと知り合えて嬉しかったです。どうぞお元気で!
つって、暫くしてブログ再開したら笑いますね(笑)
その時には報告しま~す。

夏の終わり

夏が好き。
毎日暑くて滝汗だけど、それでも私は夏が好き。

最近はだいぶ空が秋っぽくなってきた。
陽が沈むのも早くなった。
ちょっと寂しい。

でも秋は嫌いじゃない。
むしろ好き。夏の次に好き。
冬が近づき、寒くなるまでは。

明日からは秋。
台風シーズンの到来。

今度の台風は大きいらしい。
しかも高知まるかぶり。
台風は好きだけど、さすがにこれはやばそうだ。

Dscn8783

より以前の記事一覧

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ