« うさぎーずの教訓 | トップページ | どんより »

手のひら

入院中の母の頭をそっと撫でると、手が近づくたびに目を閉じる。

ごめんね、手がでかくて。

しし丸も子供の頃はそうだった。
頭やオデコを撫でようとすると首をすくめたり、目を閉じたり。昔怖い目にあったことがあるのか、単にビビリだからなのか、それとも私の手のサイズに問題があるのか・・・

まぁ、ウサギからしたら人間の手は巨大よね。そりゃ怖いよね。

怖がらせたら可愛そうなので、なるだけ彼が怖がらないように死角からゆっくりと手を近づけて撫でた。声をかけながら。
そうこうするうちに、いつの間にか怖がらなくなってきた。

それに気づいた時は嬉しかったな。
さすがに真正面から攻めると一瞬ビクッとするけど、すぐに「あ、ナデナデか」と理解するようで、おとなしく撫でさせてくれる。(走り回りたくて仕方がない時と、カクカク丸に変貌中の時以外なら)

とはいえ彼はデコなでよりも、頭をマッサージされる方がお好みだったけど。

デコ撫で好きなのは仙太郎。私の手、怖くなかったのかな?

« うさぎーずの教訓 | トップページ | どんより »

たまのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うさぎーずの教訓 | トップページ | どんより »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ