« 野菜のコンパニオンプランツ | トップページ | まめのびっち »

連作障害と輪作

同じ野菜(同じ科の野菜)を同じ土(畑やプランター)で続けて栽培すると、育ちが悪くなったり病気になったりするらしく、こういう状態を連作障害と言うんだそうです。

例えば今年トマトを植えたとします。
来年もトマトを植えるなら、違う場所に植えないとダメってことですね。

では、連作障害を起こさないようにするにはどうすれば?

・接ぎ苗を買ってきて植える(連作障害を起こしづらい)
・輪作をする

我が家ではトマトとキュウリは接ぎ苗を植えています。
これだとあれこれ悩まずとも、毎年同じ土に植えることが出来るから便利です。

輪作とは畑(プランター)で数種類の野菜をローテーションで栽培することです。(我が家でも今年から挑戦しようと思います)

例えば今年トマト(ナス科)を植えた場所に、翌年にはカブ(アブラナ科)を、その翌年にはインゲン(マメ科)を植える。
一定期間空ければ同じ土に植えることが可能(野菜によって期間は変わる)なので、キュウリの翌年にはまたトマトに戻るわけです。
※輪作にも相性があるようなので、詳しくは本などを参考にしてみて下さい。

こうして輪作することにより、土壌が改善され、病害虫を防いだりも出来るんだそうです。
我が家で栽培している野菜の連作期間を書いておきますので、どうぞ参考にしてみて下さい。

連作障害の可能性がある野菜の連作年限
1~2年 ほうれん草、小松菜、青梗菜、ネギ、パセリ
2~3年 枝豆 玉葱 春菊 キュウリ、ジャガイモ、玉葱
3~4年 ブロッコリー トマト

連作を気にしなくてもいい野菜もあります。
※資料によってはニンニク、とうもろこし、シソ、バジル以外は「連作障害アリ」と書いてあるものもあります

連作可能な野菜たち
ニラ、ニンニク、とうもろこし、シソ、三つ葉、ジャガイモ、バジル、玉葱、大根、人参、明日葉、イチゴ

我が家のような小さい畑(約1畳半)でも、連作期間が長い物や短い物、連作可能な物を組み合わせるとこでプランニングが楽になりますよ。

follow us in feedly

« 野菜のコンパニオンプランツ | トップページ | まめのびっち »

有機栽培(カテサイ)豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野菜のコンパニオンプランツ | トップページ | まめのびっち »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ