« しし丸のその後 | トップページ | しし丸くん病院へ »

ウサギの奥歯と脱水症状のチェック

以前に病院で教えてもらった、ウサギの奥歯の伸びをチェックする方法と、脱水症状をチェックする方法を書いておきますので、参考にどうぞ。

<奥歯の伸びをチェックする方法>

ウサギは歯が伸びると、痛くてご飯を食べれなくなります。
24時間何も食べないと・・・最悪の事態に。

歯の伸びを予防するには、普段から牧草を食べさせて歯を削らせるようにしないといけません。
ここで言う牧草とは乾燥させた牧草(出来ればカットしてない長い物を)のこと。

生牧草や野菜はウサギからしたら「軟弱な葉っぱ」で、歯を削るには頼りない存在だそう。
因みに齧り木では歯を削ることはできません。
これは悪までも暇つぶしやストレス解消などのためのオモチャだそうです。

牛や馬が牧草を食べている口元を思い出して下さい。
奥歯を擦り合わせて食べてますよね。
ウサギも彼らと同じ、草食動物です。
食べ方も同じで、奥歯で牧草をすり潰しながら食べて削っています。
齧り木を齧る場合にはこういう食べ方はしないそうです。

歯を管理してあげるというのは大切なことなんですね。
でも前歯は簡単にチェックできるけど、奥歯のチェックって難しくないですか?

「日頃からウサギの顎(奥歯の付近)を触って普段の状態を把握していると、奥歯が伸びた時に違いが分かる」と本に書いてあったけど、ダメ飼い主たまにはイマイチわからない。
まして病院の先生のように、口を開いての確認なんて出来るはずもない。

けどこんな私にもわかる簡単な方法があるんです。
ウサギは歯が伸びてくるとヨダレが出てくるので、ヨダレの出具合でチェックするんですよ。

顎の下に少量のヨダレが付き、それが乾燥して固まってるという程度なら大丈夫(毎日湿ってるようなら問題アリ)らしいけど、酷くなると…

・拭った両手にヨダレが付いて濡れている
・手に付いたヨダレが乾燥し、毛がカピカピになってる

また、歯が伸びてくると口の中を傷つけてしまい、出血をするそうです。
こういう状態を見たらソッコー病院へ!

ただ、我が家のうさぎーずの歯が伸びた時は、ここまでの状態になる前に食欲と元気をなくしたので、その時点で病院行きでした。
だからこの状態になってる時のウサギの歯はかなり伸びていて、口の中も相当怪我をしているのでは…と私は思います。

<脱水症状をチェックする方法>

最初に「水の必要性」について書いておこうと思います。

野菜をあげてるから水は飲まなくても大丈夫♪
これはちょっと違うようです。

体に必要な水分を摂るにはかなりの量の野菜を与える必要があるそうで、個体差はあるけど最低でも200gは食べさせなくてはいけないらしい。
この量になると、栄養バランスもいつも以上にしっかり考えてあげなくてはいけないのでかなり難しいということでした。

我が家の場合、仙太郎が食べる野菜の量は朝晩に各80g、しし丸は各40g。
この量から摂取できる水分は、補助くらいなもんでしかありません。

野菜以外にも水を飲ませてあげないと脱水症状を起こす危険があります。
体調を崩した時や食欲をなくした時などには水を飲まなくなるので(コチラの記事を参照で)脱水を起こす場合があります。
脱水症状もとても危険な状態です。
そこで今度は脱水症状をチェックする方法を書いておきます。

・首、または背中の皮膚を軽く摘まんで持ち上げ、皮膚が直ぐに元に戻れば正常。ゆっくりと戻るようなら脱水状態
・尿の量が減った、匂いがキツクなった、色が濃くなった等も脱水を起こしているサイン

ウサギに負担をかけず、自分だけですぐに出来るので覚えておいて損はないと思います。

~アクアコール~
以前、しし丸が体調不良で水を飲まなくなった時に、スキッピィちゃんちのまゆらさんから教えて頂いたアクアコール
うさぎ用の粉末ポカリのような物で、水分や電解質を効率よく補うことができ、体調不良時の水分補給に良いそうです。

水200ccに1袋入れて少し混ぜると綺麗に溶けてくれます。
しし丸にも飲ませましたが、嫌がらず普通に飲んでくれました。
いざという時のために準備しておいてもいいと思います。

follow us in feedly

« しし丸のその後 | トップページ | しし丸くん病院へ »

飼育方法や豆知識(ウサギ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しし丸のその後 | トップページ | しし丸くん病院へ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ