« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

わーい!わーい!

タフネスしし丸。
本日も絶好調でございます。

でも、今日はちょっとだけいつもと様子が違ったしし丸くん。
遊びつかれて休憩する時、なんと私の隣に来て寝転がったんす。

Tyottodakeyo

添い寝なんて何ヶ月ぶりやろう。デヘヘ~

でも数分後…

Kyuukeiowari_

短い休憩を終えたしし丸くん。
再び遊びに行こうとムクッと起き上がった。

いやー!もうちょっとだけ一緒におろうやー!

Konna_hazudeha

私の前を通りかかったしし丸を力技で捕獲。
逃げてしまわないよう、必死でしし丸の首をマッサージしております。

ま、すぐに逃げられたけどねぇ~

~おまけ~
体重測定後、ご褒美のドライパパイヤを食べるしし丸くん。

Dscn0441_r

follow us in feedly

追いかける女、まんざらでもない男

「ファン○」のつもりで飲んでたジュースが、実は「なっちゃ○ソーダ」だった。
先日オレンジ味を1本空け、今日グレープ味を飲んでる途中で気づいたたまです。
こんばんわ。

情けない暴露ネタから始まった本日のみにまるはうす。
気を取り直して今晩のへやんぽリポートと参りましょう。

まるでニャンコのようなしし丸くん。
いったい何を狙っているのでしょう…

Nukiasisasiasisinobiasi

結局、狙われてたのは私の足でございました。

私にカクカクを拒否されたしし丸が、続いて向かったのはこちら。
君は「めげる」という事を知らんのか?

Hinankunren

一通り遊んで疲れたしし丸は、”私から離れたところ”で休憩タイム。
そうです。しし丸が近づいてくるのは殆どの場合がカクカクホリホリカジカジ目当て。
それ以外でくることは滅多にございません。

仙太郎はいっつも寄って来てくれたのになぁ~
まるお君のいけずぅ~

そっちがその気なら、こっちにだって考えがあるぞ!

Oyarukakonoyaro

ではお言葉に甘えまして。

Dscn0360_r

こうやって、私の方から寄って行ってナデナデさせて頂いております。
それにしてもしし丸くん、まんざらでもないご様子で。

~おまけ~
目の前を横切った小さな小さな蛾。
ビビリのくせに余裕で見送るしし丸でした。

Ga

follow us in feedly

弟、兄と語らうひと時

昨晩のへやんぽ終了から暫らく経った頃

Dscn0216_r

遊び足りないのか、得意のおねだりポーズでせがむしし丸さん。
部屋には既にお布団を敷いてあるので放したくはないんやけど…まぁ少しだけ。

早速イスに匂いつけ。仙ちゃんの匂いがするのかなぁ。

Dscn0241_r

今にも走りだしそうなしし丸。何を企んでいるのやら。

Yoidon

私の飲みかけジュースを見つけてカジカジ攻撃!
フタしといてよかった。

Dscn0268_r

ついに出たー!一番恐れていたホリホリ攻撃です。
ホリホリだけなら問題ないけど、布団の上でシッコされたら大変や!

Horihorihorihori

このあとも色んなところでホリホリしながらウンコを撒き散らかしてたけど、なんとかシッコされるのだけは免れました。

さてさて、ここからは本日のへやんぽのお話。
今日も元気にカクカクカジカジしまくって、一休み中のしし丸さん。

Dscn0308_r

しばらくの間、動かずにずっとどこかを見つめておりました。
視線を辿っていくと、そこには仙ちゃんが。

Dscn0311_r

まるお君、さっきは仙ちゃんとどんなお話しよったの?

Dscn0289_r

follow us in feedly

仙太郎の初七日

時間が経つのは早いもので、今日は仙太郎の初七日です。

今までは風呂敷で包まれていた仙太郎やけど、天国に着いた時にこのままの格好じゃ恥ずかしいやろうってことで、新しい服を着せてあげました。
仙太郎の毛色と似たのが無かったのでシルバーにしました。

Sentarounoseisou_r

うぉー!SFちっくでかっちょえー!
でもまぁ、私としては風呂敷のままの方が良かったんですけどね。
風呂敷を結んだところが仙太郎の耳のようで、風呂敷のツルツル感も仙太郎のおでこのツルツル感と似てた。
大きさも仙太郎の頭と同じくらいなので、手を置いた時のすっぽり感も良かったし。
でも正装をした仙太郎を撫でても、今までと何ひとつ変わりませんでした。仙太郎は仙太郎ってことやね。

今までずっと、ブログに載せようかどうか悩んでいた写真も本日公開することにしました。
仙太郎の最期の1枚です。

Last_r

前にも似たようなのを載せてましたけど、お気になさらず^^;

この写真は仙太郎が亡くなる前日の夕食風景。
最初はあまり好きではなかったレモンバームも食べるようになってました。
頑張って食べてる感が皆さんにも伝わればいいけど…

そしてこちらは今晩のしし丸さんの夕食風景。

Yushoku_r

食事の時は仙太郎を部屋に放すこともあって、しし丸は殆どの場合が自室で食事を摂ります。
でもね、自室で食べさすのはもうひとつ理由があるんです。
彼は私がそばにいると食事をしない傾向にあるんですよねぇ。

仙太郎は
『食事>まったり(マタグーラ、デコ撫で含む)>運動』
なのに対してしし丸は
『運動(今は主にカクカク)>休憩>食事』
なんでございます。

この写真を撮ってる時、ケージの扉が開いてる事に気づいたしし丸は、すぐに外へと飛び出して行きました。

Shabadabashabadaba_r

出てくるなりカバ男さんにホリホリホリホリ!
そしてこのままへやんぽへと突入。

Dscn0161_r

今日からは仙太郎も一緒にへやんぽ♪ってことで、今まではお互いの姿が見えないようにと立て掛けていた段ボールのつい立も外す事にしました。

しし丸は時折、仙太郎のケージ前に座ったり、匂いを嗅いだり。
一緒に遊ぶのは子供の頃以来。
仙太郎の姿は見えんけど、喜んでくれてたらいいなぁ。
でもしし丸はちょっと戸惑ったかも?

散々走ってくたびれてくると、バタンッと倒れて一休みをするしし丸さん。
これまでずっとカクカク丸から逃げ回ってた私も、ここにきて初めての休憩です。
このチャンスを無駄にしてはならん!とすぐさまデコ撫で開始。

Dscn0176_r

デコ撫での手を休めると、仙太郎の場合は鼻で突っついてきたり、服を齧ったりするけど、しし丸はこの通り。
無言で「もっともっと」の催促です。

この後さらに撫で続けると、しし丸はぴっしゃんこに潰れてしまいます。

Dscn0177_r

ではここで、彼が潰れていく様子を動画でご覧下さい。

   

気の済むまでデコ撫で&マッサージをしてもらうと、またまたカクカク丸に大変身。

カクカクしたいけどさせてもらえないしし丸…
悔しい気持ちをジゴちゃんや私のクッションにぶつけておりました。

Dscn0188_r

Dscn0193_r

相変らず忙しい男でございます。

こうして本日のへやんぽも無事終わり、自室に帰ったしし丸は、残っていたペレット1粒と野菜を平らげ、追加された牧草を食べ、トイレをひっくり返しましたとさ。

~おまけ~
へやんぽ中、セロリをしし丸の口元に持って行くと一瞬だけ齧った!
貴重なお写真でございます。

Dscn0183_r

follow us in feedly

鼻水すすって笑って進もう♪

仙太郎が亡くなった悲しみはまだ癒えてませんが、皆さんから暖かい励ましコメントを頂戴し、少しずつ元気になってきました。
いつまでも悲しんでいると仙太郎が安心して天国に行けませんもんね。
仙太郎が残してくれた沢山の思い出と共に、しし丸とかめーずと一緒に仲良く暮らして行こうと思います。
今までご心配をお掛けしてすみませんでした。
「みにまるはうす」、これから新たな気持ちで再出発!でございます。

さて、今日は久々にしし丸さんのへやんぽリポートです。
普段ならサークルに放すと、すぐさまカクカクカジカジしてくるカクカク丸(発情中のしし丸のあだ名)やけど、今日は何故か大人しい。

しし丸がカクカク丸じゃない時は、私は凄くリラックスして過ごせます。
彼の頭撫でたり体擦ったり、ブドウをあげてみたり…

このブドウは、昨日の仙太郎への誕生日プレゼントです。
テレビの音声が邪魔してしまってるけど、クチョクチョ言わせながら美味しそうに食べておりました。
彼のこんな顔を見ていると、仙太郎の食べている顔を想像して笑ってしまいました。

ブドウを食べ終えたしし丸さんは、サークル内を元気に走り回っておりました。
床に置いてある木製トンネルやぬいぐるみのカバ男さん&ムーさんが弾き飛ばされる勢いです。

そして数十分後、突然カクカクカジカジが始まりました。
まだまだカクカク丸が続きそうです。

ケージにいる時はこんなに大人しいんやけどなぁ~

Dscn0136_r

~おまけ~
仙太郎のプレゼントを買いに行った時、丸にお土産を買ってきた。
これをしし丸のケージに吊るして、「仙ちゃんおらんなって寂しいろ。これで気を紛らわしや」と。

でも匂いを嗅いだだけで、ちっともカジカジしやがらねー
今度はへやんぽ中に床にでも転がしてみるとすっか!

_r

follow us in feedly

仙ちゃんへ

仙ちゃん、今日は4歳のお誕生日やね。おめでとう。
元気な姿でこの日を迎えさせてあげることが出来んかってごめんよ。

今頃は天国のごよちゃん達や、お月様のお友達うーさん達にお誕生会してもらいゆうかもしれんけんど、家にもプレゼント用意しちゅうき、晩ご飯の時間までには帰っておいで。

プレゼントはねぇ、仙太郎が大好きなブドウさん。しかも大きくて種のないヤツで。
一人では食べきれんろうき、そっちのみんなにもお裾分けしてあげてねー。

Dscn0135_r

実はもうひとつプレゼントがあるがって。
それは仙ちゃんが大・大・大好きなドライパパイヤさんでぇす。
もうこれからは「1日3個」なんてケチくさいことは言わんき、いっぱい食べていいで。

4_r

そうそう、しし丸にパパイヤさんをお裾分けしてくれてありがとうね。
まるお君、ニチョニチョさせながら美味しそうに食べよったよ。

今日のへやんぽタイムにはブドウとパパイヤさんを食べながら、一緒に仙ちゃんの動画を見ながらお祝いしようかねぇ。
あっ!ブドウは私にもちょっと分けてよね^^

私ね、こないだからずっと考えゆうことがあるがよ。
仙ちゃんが体調を崩して歯を切ったのが7月20日。旅立ったのが8月20日。
この『まる一ヶ月』というのには何か意味があるがやろうか?

最後の数日間は具合が悪かったけど、この約一ヶ月のあいだ、仙太郎はすごい元気やったでね。
ペレットさんもお野菜さんも、牧草さんもいっぱい食べたね。
左足が具合悪かったきしんどかったろうけど、それでも元気に動き回りよったよね。
一緒にまったりしたし、デコ撫でもマタグーラもしたよね。

もしかしたら神様が、今までいっぱい頑張ってきた仙太郎に、最後のご褒美をくれたがやろうか。
それとも仙太郎が、私を安心させる為に元気な姿を見せてくれたが?
どっちやったとしても、私にとってはとても貴重で、とても素敵な時間やったよ。
神様にも仙太郎にも、心からありがとうを言うね。

今までに何回も奇跡をおこしてきた仙太郎。奇跡の男、仙太郎。
本当のことを言うと、「もう一回だけ奇跡をおこして欲しい」って思いゆう。

仙太郎はいつも私を癒してくれた。沢山の素敵な思い出を私にくれた。
でも私は仙太郎にしてあげられんかったことがいっぱいある。

生きて私の元に帰ってきて欲しい。
仙太郎に触れたい。抱きしめたい。
もう一度、その可愛い寝顔を見させて欲しい。

でもそんなこと言いよったら仙ちゃんが困るよね。
だから早く元気を出すように頑張るき、仙太郎は何も心配せんでいいきね。

いつになるかは分からんけど、そのうち私もそっちに行く。
そしたらずっとお互いの温もりを感じられるよう、マタグーラもデコ撫でもし続けてあげる。
もう二度と仙太郎と離れんで。

…なんかしんみりしてきたねぇ。
せっかくのお誕生日が台無しや。ごめんごめん。
ほなまぁ、また後でっちゅうことで。
気をつけて帰っておいでよー

follow us in feedly

一緒に

皆さん、今まで仙太郎を応援して下さってありがとうございました。
仙太郎への暖かいお言葉、私への励ましのお言葉、心から嬉しく思っております。

最近はなかなか皆さんのブログへ伺えなかったんですが、お礼を兼ねて、先ほど訪問させて頂きました。

ブログに仙太郎のことを書いて下さってる方もいらっしゃいましたので、仙太郎と一緒に拝見しました。
沢山の方に愛されて、仙太郎は幸せ者です。
本当に、本当にありがとうございます。

先にお月様へ到着しているお友達のうーさん諸君、これから面倒見てあげてね。

follow us in feedly

2008年8月20日

朝、右手を伸ばし、その上に頭を乗せて眠っていた仙太郎。
右手を動かせなくなり、首にも力を入れられなくなっているようだった。

それでも薬もミルクも流動食は問題なく摂っていた。
野菜は果物と人参をスライスした物なら食べたけど、他の野菜(大好きなセロリや大葉など)は食べようとしなかった。
ペレットも食べなくなった。

お昼にはあげたミルクは美味しそうに飲んでいたけど、流動食は朝ほどには食べなかったので、もう少し時間をおいてからあげることにした。

夕方4時頃、少し前までは美味しそうに飲んでいたミルクを飲もうとしなくなった。
ちょっとだけ口の中に入れてみたけど、殆ど飲み込もうとしない。
流動食も、匂いは嗅いでみるものの舐めることすらしない。
たぶん舌を動かすことが辛くなってたんやと思う。

野菜なども食べず、大好きなリンゴのスライスさえ1枚(1円玉大)食べただけ。
その食べ方を見ていると、口の動かし方も噛み方も、飲み込み方も、全てがゆっくりだった。

病院の午後の診察時間は18時から。前に通っていた病院は今日は休診日なので、18時になるまで待ち、電話をした後すぐに連れて行った。
右手や首は足と同様に力が出ないから動かせなくなっているということだった。
体温や呼吸には問題なかったけど、胃が前回より張ってきてたのでレントゲンを撮った。

レントゲンの結果を見て色んな説明をしてもらった。
そして先生は、私に説明しながらも凄く悩んでいる様子だった。

レントゲンでは胃の中身までは映らないそうやけど、「胃に”白いもや”がかかっていることから、もしかしたら毛球症の可能性もあるかも」と。
ただ、胃はパンパンに張ってる訳ではなく、前回より少し張っている程度なので、「この状態でここまで食欲をなくすようになるか…。それにもし毛だったとしても、今の状態ではとても開腹手術は出来んし…」とも。

流動食の内容を聞かれたので答えると、「もしかすると毛ではなく、人参やペレットのカスが溜まって映ってるのかもしれんね」と言われた。
人参(の繊維質)やペレット(粉でも)は胃に残りやすいそうで、「今後はこれらを除けてからあげてみて」と教えてくれた。

流動食のあげ方について質問すると、「粉ミルクには色んな栄養分が含まれているし消化もいいので、自分から好んで食べにくるなら流動食もあげていいけど、そうでなければ無理に食べさせなくてもいい」とのことだった。

このあと点滴と食欲増進効果のある注射をし、新しい液体薬をもらった。
この際に、「1時間ほどして仙太郎君が落ち着いたら薬を飲ませて」と言われてたので、帰宅して20時半頃に飲ませてみた。

仙太郎は病院から帰ってきた時のまま、キャリーで寝かせていた。
寝ている仙太郎の口元にシリンジを持っていき、口と喉の動きを見ながら少しずつゆっくりと薬を入れていった。

でも舌を使って喉の奥に薬を送ることが出来ないので、どうしても薬が口からこぼれてしまう。
この姿勢ではやはり無理。そこで、教えて頂いたように仙太郎を仰向け抱っこして飲ませることにした。
仙太郎は体に力が入らないからグニャグニャなので慎重に、慎重に。
仰向けにさせながら首の下に手を入れて支えてあげ、首を垂直にして喉を開かせた状態で、再度薬を飲ませた。

今度も口や喉の動きを見ながらゆっくり。
仙太郎がゴックンと飲み込んだあとは喉を擦りながら少し様子を見、完全に飲み込んだようなら次の分を注入。
少しの量でも前みたいに1回では飲み込めないので、1回につき3回ゴックンする時があるから。

こうやって飲ませ続け、もうすぐで終わりそうになった頃、仙太郎が口を半開きにした。
((息苦しいのかもしれん))
喉を擦りながら、仙太郎の体を仰向けから元の体勢に戻した。
その後少しして、残りの薬を飲ませ、次に前回もらっていた薬を飲ませた。

2回目の注入で、仙太郎が急に口をカパッ!カパッ!カパッ!と開閉し始めた。
((どうした!?苦しい?どうした!?))
いま思えばこの時の私はパニックになっていたように思います。
どうしたらいいのかわからず、仙太郎を擦りながら励ましてました。

少しするとカパッ!カパッ!が止まったので、落ち着いたんやと少し安心した。
安心と同時に、何故か仙太郎の腹部を見た私。血の気が引きました。
呼吸している時のような動きがなかったから。

仙太郎は苦しいのがおさまったわけではなかった。
慌てて病院に電話し、すぐに連れていくことになった。

玄関で靴を履いている時、仙太郎の喉を押さえていた私の手に少量の薬が流れ落ちてきた。
お腹は動いていないようにも見えるし、動いているようにも見える。
車の中でも仙太郎のお腹を触っていたけど、私には微かに動いているように思えた。

病院に着くと先生がすぐに仙太郎を診てくれた。
聴診器をあてた先生は、「申し訳ない…」と。
手遅れだった。

電話でも病院でも、仙太郎が苦しんだ時の状況は説明した。
原因は薬の誤飲。飲み込む時に器官に入り込んでしまったんだろうということだった。

私が仙太郎を殺した。
ゆっくりと慎重に飲ませているつもりやったけど、飲ませないかんって気持ちが先走ってたのかもしれん。
小さな頃から色んな病気をして、それでも毎回頑張ってきた仙太郎。
今回はきっと今までで一番しんどくて苦しい思いをしよったはずやのに、一生懸命に頑張りよった仙太郎。
そんな仙太郎を、最後の最後に私が一番苦しめた。
悔やんでも悔やみきれない。いくら謝っても謝っても、仙太郎はもう帰ってはこない。
「自分を責めたらいかん」と言われても…。

このあと先生は「食欲や胃のこと云々はおいといても、この痩せ方は異常過ぎた。今までに食欲があっても痩せてきてたということは、すい臓かどっかに腫瘍があったのかもしれん」と言った。
これは前の病院でも言われていたことだった。
仙太郎はやはり癌だったんやろうか。

去年の夏、初めて仙太郎が痩せ出した時に癌の可能性について知ってれば…
もっと早く検査をしてあげていれば…

誤飲の一件がなくても、仙太郎はもう長くなかったのかもしれない。
今回の衰弱の速さは、今までのそれとは比べ物にならないほど凄まじかった。
一緒にいて励ましながらも、度々「もうダメかもしれん」という思いが頭をかすめた。

それでも私がミスしなければ、仙太郎は1日だけかもしれんけど長生きできたのに。
ただ一つの救いは、仙太郎が息を引き取った後、苦しんだ顔や姿ではなく、まるで眠っているかのような顔をしていたことだった。

これが仙太郎が生きていた最後の日の出来事です。

仙ちゃんは本当に優しい子やね。
こんなダメな私にいつも優しくしてくれる。
最後の最後まで、いっぱいありがとう。

follow us in feedly

よう頑張ったね。おかえり。

さっき、昨日の日記へ頂いたコメントを拝見させて頂きました。
仙太郎にも読んで聞かせてあげました。きっと喜んでいると思います。
皆さん、どうもありがとうございます。
まだ今はあまり実感がなく、頭では分かってるけど心ではピンときてない感じ。
だけど私は元気です。
仙太郎も元気です。
ですから心配しないで下さい。大丈夫っすから♪
でもお返事などはもう少しお時間を頂けたらと思います。
勝手を言ってすみません。

今日も報告日記です。

今日の午前10時に、兄と一緒に地元のペット霊園へ仙太郎を連れて行きました。
仙太郎の引越し荷物は、仙太郎が小さい頃から昨日まで、へやんぽ中に頻繁に着てた私のTシャツと短パン。
齧られて穴だらけでボロボロなんやけど、母に「あんたの匂いが染み付いてるものだから、一緒に連れてってあげや」と言われたので。

その他にアメチモ、カナチモ、ペレット。
あと、以前に私が食べようとしてたイカフライを欲しそうにしてたことがあったので、これも(同じ物ではないけれど)入れてあげました。
御気に召したかどうか…

お別れを済ませ、30分後に再び仙太郎と対面。
暑いのが苦手な仙太郎。30分もクソ暑いのに耐えて、よく頑張った!エライ!
もうこれから先はしんどいことは一個もないきね。
ほんま、よう頑張ったね、仙太郎。

それにしても、痩せてたとはいえ、骨格そのものは大きい仙太郎。でも骨になるとかなり小さくなるのね。
兄と一緒に骨壷に収め、また家まで連れて帰ってきました。

Okaerisenchan_r

四十九日まではお仏壇ではなく、今まで通り、仙太郎の家で暮らしてもらおうと思います。
ケージの上に置いているのは、仙太郎の持ち物いろいろです。

Senntarougoods

こんな物も置いてあります。
これ、仙太郎の抜け毛です。

20088201_r

昨日の夜、最後に仙太郎の体を拭いてあげながら、「明日からはもうこのフサフサ毛っけともお別れや。ちょっと欲しいなぁ…」なんて思っていたら、偶然にも左足の上に1本だけ抜けた毛がくっついてました。
きっと仙太郎からのプレゼントなんだと思います。
そのうち可愛いペンダントを買って、お守りとして持っておきたいなと思ってます。

毛と言えば、昨日のお昼過ぎに寝ている仙太郎にブラッシしてた時に取れた毛もあります。
ブラッシした後にゴミ箱へ捨てたんやけど、今朝になって拾ってきたの。
これを持ってれば、いつでも仙太郎にスリスリできるのだー。

2008820_r

話は戻り、最後にお尻を拭いてあげました。
足が不自由になってからはお尻まわりがめっちゃ汚くなってたんやけど、普段はあまりお手入れが出来ない状態だったので、今回は念入りに。

左足をひょいと持ち上げると、肛門の周りに小さなうんこが3つくっ付いてました。
これも捨てることが出来なかったので持っています。

Saigonounko

そしてこれはガーデン用の置物。全然仙太郎の物ではないんやけど、部屋に飾ってあったのをなんとなく置いてみました。

Dscn9097_r

今晩の仙太郎のへやんぽ時間には、デコ撫でをしながら仙太郎と色んなことを話しました。
妙に股座が寂しかったので、仙太郎のブランケットを丸め、仙太郎の代わりにマタグーラで挟んでみたりも。

_r_2

実は、ペット霊園から車で帰ってる時にも同じことをしていた私。
仙太郎は私の股座が大好き。マタグーラは仙太郎の定位置なんです。
だから、本当はこんなことしたらいかんのかもしれんけど、仙太郎を股座で挟んで一緒に帰って来ました。

へやんぽタイムが終わってふと目に付いたのが仙太郎の体重計。
これからは私が大切に使わせていただきます。

_r

この後、しし丸のへやんぽに切り替える為、床の掃除をしました。
最近の仙太郎のへやんぽ時に床に敷いていたタオルケットとレジャーシート。

_r_3

この白いタオルケットの上にレジャーシートを敷き、その上にもう一枚タオルケットを敷いていました。
少しでも足への負担を減らそうとしたんやけど、効果があったかどうかは不明っす。

もうこれも必要なくなったな。
だって仙太郎は元気になったもんね。
ってことでこれらは全て片付けました。

昨日も今日も、しし丸はごくごく普通です。
いつものカクカク丸全快です。
でも仙ちゃんがおらんなったのは分かってるんですよね、きっと。

しし丸は食欲もあり、元気。体重も普通です。
仙太郎のぶんまでいっぱい長生きして下さい。

Dscn0120_r

follow us in feedly

仙太郎の旅立ち

今日の21時頃、仙太郎が亡くなりました。

仙太郎は今、私の膝の上で横になっています。
まるで眠ってるみたいな顔をしています。

毛がツヤツヤで、フカフカで、すごく気持ちいいです。
体は冷たくなっているはずやのに、撫でているうちに温もりが戻ってきたように感じます。
抱っこした時、私の体に頭をくっつけてきたように思えます。

涙は出てくるんやけど、実感が湧きません。
でも明日でお別れです。
明日になったらペット霊園へ連れて行き、仙太郎は天国へ引越して行きます。
だから、それまではずっと一緒にいようと思います。

いままで応援して下さった皆さん、どうもありがとうございました。
きっと皆さんの思いは仙太郎にも伝わっているはずです。
本当にありがとうございました。

follow us in feedly

初めての流動食

先日、また仙太郎がご飯を食べなくなり、水も飲もうとしなくなった。
元気もなくなった。
今までは平気そうにしていた右足も、引きずったりするようになった。
せっかく増えてきていた体重も元に戻ってしまった。

今まで通っていた病院では、「体力が回復してからでないと何も出来ない」と言われていたので、他の先生の見解も聞いてみたいと思い、昨日の夕方に別の病院へ連れて行った。

病院で今回の症状と、今までの経過を全て説明してから診察をしてもらったところ、体温は普通、触診ではガスが溜まって少しお腹が張ってるとのことだった。
歯も見てもらったけど、伸びてはないそうだ。伸びてくると唾液が出てくるらしいけど、それもないとのことだった。

また今回も歯だったら麻酔・・・という不安があったけど、歯ではないと聞いて少しだけ安心した。
でも原因はわからないまま。
もしかしたら先週のエアコン故障騒動が原因か?

足に関しては病的要因はなく、この病院でも「痩せたことによる筋力の低下」が原因だと言われた。
そして、やはり今一番大切なのは「食欲と体重を元に戻すことだ」とのこと。

今回は初めて液体の薬をもらった。

_r

そしてもうひとつ、ヤギの粉ミルク。

_r_2

これはウサギが飲んでもいいミルクで、消化によく、食欲増進効果もあるそう。このミルクを飲んで栄養をつけると同時に、足りない水分を補給するのだ。

今朝になって薬と粉ミルク(お湯で溶かして冷ましたもの)を別々のシリンジで飲ませてみたけど、思ったより上手く飲んでくれた。

病院では今後の食事については「野菜とミルク。食べるようならペレットも。」と言われているけど、(牧草も)ペレットも殆ど食べないし、野菜も1度に少しずつしか食べない状態なのでちょっと心配。
そこで生野菜のほかに、念のために野菜&果物をミキサーにかけ、粉末にしたペレットを混ぜた自家製流動食を作ってみることにした。

_r_3

ミルクを1日に4回与えるので、そのついでに自家製流動食を手の平にのせてあげると美味しそうに食べていた。

ミルクを飲んでる仙太郎の動画を撮ってみました。がっついて飲んでおります。

昨日の診察の結果、 腰が乾燥している部分からダニが見つかっんやけど、これは食欲が戻ってから駆除することになった。
食欲低下の原因がわからないのは不安やけど、とにかく今は体重を増やすことに専念しようと思います。

仙太郎のような状態の動物さんを飼ってらっしゃる方(足が不自由、流動食を食べさせてる方など)がおられましたら、参考にさせて頂きたいのでご意見をお聞かせいただければ幸いです。

仙太郎ニュースは時間がある時にアップしようと思いますが、コメレスや皆さんのブログへの訪問が遅れてしまっております。すみません。
落ち着つくまでしばしお待ち下さいませ_(._.)_

~おまけ~
夕食の野菜を食べる仙太郎。
今は足が不自由なので、口元まで野菜を持ってって食べさせております。
食べる量は少ないけど、それでもがっついてるので元気はありそうです。

Dscn0082_r

あっ!しし丸はめっちゃ元気です^^

Dscn0067_r

follow us in feedly

あにまるず~パート2

夕方に何となく庭を眺めていたら、有機ミニマルガーデンに異変が!
ウサギの牧草を植えている土の上に、灰らしき物が撒かれていたのだ。
これって何???

家の中に入って両親に聞いてみると父が、
「あー、あれは線香の灰」と答えた。

(オイオイオイオイ…)
とりあえず、何の線香なのか確認してみると
「んー?蚊取り線香」という返事が返ってきた。

(毒やんけーーーーーーーーーー)
仮に仏様のお線香やったとしても有害やろうに、蚊取り線香なんて殺虫剤やろがいっ!

今度オヤジのご飯に、この灰ふり掛けたろか…

Dscn0013_r

「畑にそんな毒を蒔いたらいかーん!」と言って、すぐさまスコップですくいに行ったたまでした。
いやぁ~、びびったわぁ~

びびったと言えば、昨日の昼頃に私の部屋のエアコンが壊れたんす。
一応冷房は効くけど、マックスでも室温(仙太郎のケージ内の温度計で)28℃。
私にしたら快適な温度やけど、ウサギにしたら結構厳しい。特に今の仙太郎にとっては非情に厳しい環境。
フィルターが汚れてたから、これが原因かと思って掃除もしてみたけど全く変わらず、冷蔵庫から保冷剤を出し、扇風機も併用してなんとか昨日1日はしのぎました。

今日も朝から壊れかけのエアコン&保冷剤&扇風機併用作戦で過ごし、昼過ぎ頃までは昨日と同じく28度やったのが、時間が経つにつれて30度にぃ!
厳しいっちゅーか、やばい状況!?

実は数週間前からリビングのエアコンも壊れている我が家。
2台ともすんごく昔のヤツなので、修理なんて無理。てか無駄。ってことで、兄と電気屋さんにエアコンを買いに行きました。

夕方家に帰ってしばらくしてから部屋に入ると、おやおや?妙に涼しいぞ…。温度計は24度。
…あれ?

兄にこのことを報告しに行くと「聞きたくなかった」と言われました。そりゃそーだ!
これ以降、私の部屋のエアコンは快調に動いております^^;

Dscn0006_r

えー、前置きがこじゃんと(訳:物凄く)長くなってしまいましたが、ここからが今日の本題。
前回の続きで、以前に飼っていた犬猫さんたちの紹介でございます。

今日のトップバッターは犬の民生(♀)さん。
他の家族はみんな「しろ」って呼んでたけど、誰が何と言おうが本名は「民生(たみお)」なのだ!
だって来た頃は、顔が奥田民生にそっくりやったんやも~ん。

Dscn9989_r

私が高校生の時に学校から帰ってくると、SIVAさんの水をガブガブ飲んでるわんこが1匹。
その時ちょうど近所のおばちゃんが来てたから、てっきりそこんちの犬かと思っていたら(それにしたって厚かましいけど)、おばちゃんが帰ってもまだ居座ってる…
ってことで結局そのまま家族になり、民生さんと呼ばれるようになりました。

この子はとにかく甘えん坊でヤキモチ焼きでした。
年齢はSIVAさんの1歳下くらいだったのではないかと推測されます。

民生が来てしばらく経つ頃には、猫さん達はみんな天国に引越して行ったんやけど、
またまた・・・

そして新しく家族になったのは猫のゴンさん(♂)。

Dscn9994_r

ゴンは野良出身で、何歳かわからんけど(多分2~3歳)大人になってからやってきました。
なんとなくとてつ君に似てるなって思ってたんやけど、初めて抱いた時の軟体っぷりには驚いたね。
てつ君そのものやったんやもん!
だから我が家では勝手に「てつの兄弟や」ってことになってます。

家の中では仙太郎のように「やる気なし男」キャラを装ってるんやけど、、一歩外に出るとケンカ三昧。しょっちゅうドロドロになったり、怪我して帰ってきてたなぁ

因みにゴンは、母にしか懐いてませんでした。
他の家族にはごく普通の態度なんやけど、母にだけは甘えて、常に抱っこされてました。
しかも人間の子供がするように、母の肩に両手を回して抱っこされるんす。

ゴンの次に来たのが黒猫のクロちゃん(♀)。

Dscn9995_r

小雨が降るある日の午前。遠くから今にも倒れそうな子猫の鳴き声が聞こえてきた。
そのか細い泣き声は、少しずつ我が家に近づいて…
たまらず保護してミルクをあげる私。そしてそのまま家族に…は、ならないんですよ実は。

「もうこれ以上動物は・・」ってことで、保護した数日後に知人に譲ることになったんす。
くろ(この時点では名無しやったけど)と新しい飼い主とご対面の日。
知人を見るやいなや「フゥー!」と怒りながら尻尾を大きくふくらませて威嚇した!

そんなわけで、知人には申し訳ないけど、譲るのをやめて我が家に迎え入れることになったんす。
まー、これも縁ってやつなんでしょうね。

この方はとにかくイタズラ大好きでした。
私が仕事から帰ると、必ずと言っていいほど部屋を荒しまくってくれてました。
帰宅した私の姿を見ると一目散に逃げてくので、「あー!またやりやがった!」つって追いかけられてましたっけ^^

Dscn9993_r

一番最初に飼った「たま」からあと、1人が天国に引っ越すと、不思議と1人やって来る。
そんな感じで順繰り順繰りになってたあにまるず最終メンバーが、SIVA、民生、ゴン、クロの4人。
彼らも今では全員が天国の住人。

写真はないけど、スズメのチュン太、インコのピッピ、クサガメのかめ吉、出目金の金蔵、それにごよんによる「元祖みにまるず」と一緒に、後輩であるかめーず&うさぎーずを見守ってくれています。

あにまるず&元祖みにまるずの皆さん、これからもよろしゅう♪

follow us in feedly

あにまるず~パート1

古いフィルム写真が出て来た。
現在は天国にお住まいの、歴代の犬猫さん達だ。

ってことで、今日はみにまるずの先輩である、あにまるずをご紹介。

まず私が一番最初に飼った動物である、猫のたま(♂)。
因みに私のハンドルネームはこの子の名前を借りております。

学校の帰り道、小さな女の子が子猫を捨てに行ってるとこに出くわし、私が連れ帰ったのがこの「たま」です。
たま君はめっちゃやんちゃ坊主で、よく一緒に鬼ごっこして遊んだなぁ。
何故か私の洗濯物に敵意をムキだしにしてたっけ・・・
子猫の挑発に完単に乗ってしまうダメな私。この性格、いまだになおっておりません。

Dscn9996_r

たまが天国に行って家族が落ち込んでた時に、父が親戚の家からもらって来てくれた犬がSIVAさん(♂)。

凄く大人しくて優しい性格をしているSIVAさんやけど、ここぞって時には男らしさをみせてくれる頼もしいヤツ。

でも、かなり天然な方でもありました。
後ろから近づいてくるよその犬に気をとられ過ぎ、前を向いた瞬間、電柱にぶちあたったり・・・様々な伝説を残してくれました。
一緒に散歩してる時、大声でお腹を抱えて爆笑したこともしばしば。我が家の「元祖!お笑いキャラ」でございます。

Dscn9988_r

次に来たのが猫のTOMさん(♀)。
子猫の時に、我が家の敷地内に捨てられてたことから家族の一員に。

彼女はあまりイタズラをするタイプではなかったけど、鬼ごっことボール遊びが大好き。
歴代の猫達との鬼ごっこの中で、一番燃えたのがこのTOMとの鬼ごっこやった!
わんこ並みのボール遊びもさることながら、バレーボールの腕もなかなかでした。我が家の最強エースアタッカーです。

Dscn9998_r

次に来たのが杏ちゃん(♀)。
この子は子猫の時に近所の家からもらってきました。

この写真ではわからんけど、チャームポイントは短い尻尾。
たまに胸の上に乗っかって寝るんやけど、いつもお尻を私の顔向けて寝るので、彼女の肛門が直に顔にくっ付きそうな感じ。常にスリリングな刺激を与えてくれる姐さんです。
我が家の猫はどの子もほとんど鳴かんかったんやけど、この子だけは特別。甲高い声でニャーニャーニャーニャーうるさかったな・・あ!うそです。杏さんごめんなさい。

Dscn0001_r

TOMと杏は大の仲良しで、いつも一緒に過ごしてました。もちろん寝る時だって。
お姉ちゃんのTOMが、妹の杏を抱っこして寝ている姿には癒されたなぁ。

Dscn0002_r

杏が来たあとに、私が拾ってきた京介くん(♂)って可愛い子猫がおったんやけど、写真は残念ながらございません。1週間くらいで天国に行ったからなぁ。

京介の次は、母がどっかから拾って来た猫のてつ君(♂)。

Dscn0004_r

特徴はまるで軟体動物ばりの体。抱っこしても何の抵抗もすることなく、体を丸めることもなく、だらぁ~としてました。
TOMと杏の可愛い弟分で、3匹仲良く遊んでました。

ここで初めてTOMさんのお顔披露♪(一番右っす)

Dscn0003_r

いやぁ~ 懐かしいなぁ。
それにしても不思議なもんで、こうやって写真を見ていると、当時の記憶が蘇ってくるのね。
もっと写真撮っとけばよかったぜー。

さて、まだまだ仲間はおるんやけど、長くなるので今日はここまで。
最後に本日の仙太郎の様子を。

夏だからといって、こんなだらしない格好で毛繕いしていていいものだろうか?

Dscn0021_r

follow us in feedly

癒されたい人寄っといでぇ~

仙太郎は現在、足が悪い為に立っちした状態では上手に毛繕いが出来ません。
へやんぽ中に私がそばにいる時は、ちょくちょく私の足にもたれ掛かって顔や耳をゴシゴシやってたりします。

今日は右足にもたれ掛かってきました。
でもちょっと不安定そう…

とっても優しいたまちゃんは、反対側からも支えてあげました。

Dscn9973_r

Dscn9921_r

これも一種の愛情表現なのでございます。(ほんまか?)

それはそうと、先月のあの日以来、仙太郎は元気に過ごしております。
牧草だけはまだカナチモばっか食べてるから、完全復活とは呼べんけど、それ以外は完璧!

みなさんの応援のおかげっす。
ありがとうございまする。

今日は仙太郎を応援して頂いている皆々様へ、仙太郎からプレゼントがございます。
これで日頃の疲れをぶっとばして下さいませ。

Dscn9952_r

Dscn9978_r

Dscn9982_r

い、いや…
別に「ネタがない」とか、そういうことでは決してございませんからぁ~

follow us in feedly

悪意100パーセント

最近の仙太郎は、歩きながら色んなところでシッコをします。
なので部屋に出す時は床の上にビニールのレジャーシートを敷き、その上に大きなタオルケットを。よくするシッコポイントにはペットシーツも敷いておきます。

今日の夕食時に仙太郎を部屋に放す時には3箇所にペットシーツを敷いておきました。
このあと私は30分ばかり他の部屋で用事をし、自分の部屋(てかうさぎ部屋)に戻ってみると・・・

Dscn9852_r

何故そこ!?

Dscn9864_r

いや…別にいいんですけどねぇ。

Dscn9872_r

何事もなかったかのように普通に食休みをする仙太郎。
暫らくすると残りの野菜(レモンバーム)を食べに行きました。

Dscn9877_r

移動しながら二箇所も。しかもまたペットシーツじゃないとこに。
これ絶対に嫌がらせやろ。

Dscn9905_r

follow us in feedly

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ