« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

初心忘れるべからず

またまた久しぶりの更新でございます。
えー、本題に入る前にまずは本日収穫したお野菜をご紹介。

Dscn9230_r

バジリーくん、アイコちゃん、イチゴ(小さいけど)。
そして真ん中の黄色いのはミニトマト。
なんという種かは忘れましたが、アイコちゃんと同じくプラム型です。
味は・・・普通のトマトでした。
あーでもちょい水っぽかったなぁ。残念。

んでこの野菜をオヤツとしてうさぎーずにあげてみました。

Dscn9231_r

この時、まだ食器をケージに入れて数分しか経ってなかったのに既にイチゴとトマトは完食。
ほんとに食べることにだけは素早い男でございます。

Dscn9232_r

しし丸はイチゴを最初に完食。
ベロがチラっと見えてますが、たぶんトマトをくちゃくちゃしてるんじゃないかなぁ。

さて、ここからが本日の本題。
先日仙太郎のしっこについて書きましたが、どうにもこうにも治らないので、たまは初心に返って仙太郎のトイレトレーニングを最初からやり直すことを決意しました。

ってことで、まず今回はへやんぽ時にはサークルで仕切り、行動範囲を制限することに。

Dscn9238_r

まー制限されても彼の場合はしし丸と違って走りまわるタイプではないので特に何も変わらないんですけど。
もしまだ環境に慣れてないんだとすればこうやっていることで安心してくれるかな?程度のことっす。
それにしてもこのいつもと変わらぬ寛ぎ具合・・・アンタは大物じゃ!

この後でフケ対策として消毒をし、シッコで汚れたお尻周りを拭き取り、もつれた毛をブラッシ。

Dscn9239_r

完全に拗ねております。
これってトイレトレーニングに悪影響を与えるやろか^^;

~おまけ~
ウサギの絵が描いてあったから何気に買ってしまった紅茶でぇす。

Dscn9095_r

follow us in feedly

収穫

本日、ミニトマトのアイコちゃんを収穫しました。
今年初でございます。
ついでにイチゴも♪

Dscn9210_r

まずはお兄ちゃんの仙太郎さんにご試食いただくことに。

Dscn9215_r

コレ↑、イチゴ食べてるとこっす。
彼は食べ物のことになるとやたら動きが早くなるので、咥えたと思ったらもう無くなってる・・・
なのでこんな写真しか撮れないのでございます。

最近彼は耳の付け根と肩甲骨付近にフケが出て来てるので、この後に消毒もしました。

Dscn9217_r

消毒は割りと大人しくさせてくれるから楽チンです。
時々気持ち良さそうに毛繕いなどもしておりました。

さて、次はカクカク…もとい、しし丸さんのご試食タイム。
まずはイチゴから。

Dscn9219_r

続きましてはアイコちゃん。

Dscn9222_r

普段は仙太郎よりしし丸の写真を撮るほうが難しいんやけど、手渡しで食べ物をあげてる時に限り、しし丸の方が撮り易いんですよねぇ。

でも・・・

Dscn9228_r

その目は「拾って」と訴えているのかい?

follow us in feedly

仙太郎のおしっこ

前にも書いたことがありますが、仙太郎は部屋で散歩してる時にトイレを使わなくなりました。
トイレじゃない場所でわざわざしっこをしています。

まだこの家に馴染めてないからかな?と、彼がトイレの場所を決めるまで様子をみてたけど、最近では一回の散歩中にあちこちで何回もしっこをするように。

Dscn9179_r

皆さんお気づきでしょうか?
今までは仙太郎のへやんぽ時には床にはカーペットなりラグなりを敷いてました。
でも最近はしし丸の時と同じく完全に撤去してから部屋に出してます。

仙太郎、まだ馴染めんの?
それとも何かストレスとかあんの?

一方しし丸は、前の家の時と同じようにへやんぽの時もトイレをちゃんと使うようになりました。

Dscn9192_r

皆さんお気づきでしょうか?
しし丸の隣にいらっしゃる方の存在に。

Dscn9194_r

お帰り、カクカク丸♪ (いや、楽しくない楽しくない!)

~おまけ~
自家製生牧草を食すうさぎーず。

Dscn9139_r

Dscn9145_r

follow us in feedly

淡路島~淡路夢舞台編

いよいよ淡路島リポートも最終回。
みにまるずネタが一個もないにかかわらず、ここまで付き合って下さった皆様ありがとです♪
あともうちょっとお付き合いのほど宜しゅうお願いしますぅ~

さて淡路島2日目(てか最終日)。
この日は『淡路夢舞台』という植物園(?)に行ってまいりました。

高知を経つ数日前にネットでここを見た時には「しょぼい」と思ってたんですが、兄が前に行ったことがあって「絶対におすすめ」と教えてくれたので行ってみることにしました。

しょぼいなんて言ってごめんなさい。
すんごい立派でございました^^;
大きな温室ではシーズンごとにテーマを設けてて、今の時期は蘭がテーマ。

Dscn9073_r

蘭以外にも各階ごとにテーマ分けされててそれは見事でしたよ。

Dscn9056_r

↑名前は覚えてないけど、線香花火みたいで可愛いっしょ♪

↓他にも色んなお花がありました。

Dscn9062_r

Dscn9064_r

↓この花は沢山色の種類があって全部写真に収めてきたんですが、特にこの色が印象的でした。
どことなく高知のよさこい祭りをイメージさせる雰囲気があったのでね^^

Dscn9082_r

↓アジサイも色んな種類のものがあって見ごたえ十分!

Dscn9085_r

温室以外にもいたるところに花壇やテラスがあり、とにかく壮大!の一言。
全部を見て回るには、はっきり言って丸1日かかります。
でもその価値はあると思うので、淡路島に行く機会があれば是非寄ってみて下さい^^

淡路夢舞台のすぐ隣には、これまた広くて立派な国営公園があります。
ここも花木が沢山あって、散歩コースにもそれぞれにテーマに沿ったテラスがあります。
散歩しながら隣の淡路夢舞台の花壇も見えるし、海もすぐ近くなので海を眺めながら散歩も出来る♪
ここはとにかく、そりゃもうびっくりするぐらい広いので全部は回れなかったのが残念。
この二箇所は春の桜シーズン、またはGW辺りにもう一回行ってみたいです♪

~おまけ~
花で作った火の鳥(国営公園)、木で作ったウサギさん(淡路夢舞台)っす^^

080608125001_r_2

080608123001

follow us in feedly

淡路島~海編

昨日の続きです。

イングランドの丘を出ると、その近くにある慶野松原というビーチを見に行きました。
松林を抜けるとビーチに出るという絶景スポット。
そんな素敵な写真が撮りたいぜ!と頑張ってシャッターを切ってみたんやけど、夕方やし曇ってるしでイマイチ・・・

なので普通にビーチの写真を。

Dscn8994_r

前回香川におうどんを食べに行った時にも瀬戸内海を見てきましたが、今回は初めてのビーチ。
太平洋に比べると小さな小さな波ですが、なんだか凄く和みました。

ビーチから後ろを振り返ると松林がどどーんと見えます。

Dscn9007_r

この松林を奥に歩いて行くと、松に囲まれた遊歩道がありました。

Dscn9016_r

かなり長い距離なので途中で疲れて引き返したけど、ここも凄く素敵でしたよ~

このあと急遽、一旦徳島方面まで戻り、大鳴門橋近くの道の駅へ渦潮を見に行く事になりました。

Dscn9020_r

鳴門金時ソフトクリームが食べたかったけど、お店閉まってたので食べれず(T_T)
気を取り直して渦潮が見える近くまで歩いていくことにしました。

Dscn9026_r

渦潮はねぇ、ノープランで突然行くもんじゃないっすねー。
案の定渦潮は見えませんでしたよ。
海流がぶつかりあって、渦巻きそうになってる感はあったんやけど・・・残念。
今度行く時は事前にちゃんと調べてこうと思います♪

この後また淡路島を明石方面に上って夕食。
その後で明石海峡大橋を見にいきました。

Dscn9039_r

綺麗でございます。ロマンチックでございます。
奥に見えてる夜景は明石の夜景らしいけど、ここまで来たら神戸もすぐ近く!
でも神戸に行くならもっとしっかり計画を立てて目いっぱい遊んで来たいので、行きたい気持ちを無理矢理押さえ込んで初日の探検はここで終了。

次回は最終回。お楽しみにぃ~

follow us in feedly

淡路島~イングランドの丘編

皆さまこんにちわ。
またまた10日もサボってしまったたまでございます。
今回はみにまるずネタはございませんが、先週の土日に行ってきた淡路島リポートを何回かに分けてしてみようと思います♪

最初に行ったのは『イングランドの丘』というところ。
ここでは野菜の収穫やパン作りなどの体験が出来たり、スワンボートやゴーカートに乗って遊んだり、動物を見たり動物と触れ合ったりできるようになってます。
とにかく広いので、散歩してるだけでも半日はかかるという暇つぶしにはもってこいな場所でございます。

着いたのがお昼前だったので先に昼食を済ませ、一服しているところにアヒルさん達がやってきました。

Dscn8913_r

人間が近づくとガァガァ鳴きながら二羽揃って池の方へ逃げていくんやけど、離れるとまたすぐに戻ってくる。
それが面白くって何回もやって遊んでしまいました。
この写真の時は座った状態で近づいて行ったんやけど、ここまでが限界。
口開けて鳴き始めたので写真だけ撮って退散しました。

次に向かったのは羊やヤギ、豚とのふれあいコーナー。
でも臭そうだったので写真を撮るだけでふれあってはきませんでした(笑)

馬に乗せててもらえるコーナーもありました。

Dscn8923_r

ここには4頭の元サラブレッド、2頭のポニーがいて、こんな間近で馬を見たことない私は大感激。
馬は皆お年寄りやったんやけど、毛艶がよくて体も引き締まっててかっこよかったっす。
まぁ普通の馬とサラブレッドの違いなんてわからないんですけどねぇ。
それにしても馬ってでっかいのね。
ヘタレなたまはビビってしまって乗ることは出来ませんでしたとさ^^;

この後、近くに大きな池があったのでスワンボートに乗って探索してまいりました。
スタートして数分後、隣を3人組の小学生の女子が勢いよく過ぎて行こうとしてました。

(若いって素晴らしい!)

そう思いながら見ていると、3人のうち2人がこちらに向かって笑顔で手を振りながら何やら叫びはじめた。

(あれって中国語?)

何を言ってるのかはわからんけど、とりあえず笑顔で手を振り返す私。
でもその瞬間ふとこんな疑問が。

(もしかして、こっちが言葉わからんと思って”あほー”とか言ってんじゃないの?)

数十分後に再び彼女達とすれ違った時、またコチラを向いて笑顔で手を振り何やら叫・・・

「コンニチワー! シンガポール カラ ヤッテキマシター♪」

あー中国人じゃなかったんすか。
てか頑張って日本語で挨拶してくれてたのね~
ごめんね、心の荒んだ大人気ない大人で^^;
大反省をしたたまは、人生で最高の笑顔(自称)を彼女達に捧げたのでした。

彼女達のようなピュアな心を取り戻すべく、次に向かったのは温室。
ここには熱帯植物を多く栽培していて、こんな↓変わった植物もありました。
因みに名前なんぞは覚えておりません。

Dscn8935_r

すっかり少女時代の純真無垢な乙女に戻ったたまが次に向かったのはコアラ館。
イングランドの丘のメインでございます♪

Dscn8945_r

まぁこんな感じで全員爆睡しておられたわけですが、この姿もまた可愛くってね~
もこもこ感がたまらなくセクシーでございました♪

コアラ館の近くにはペリカンやエミュー、ワラビーなど色んな動物もいました。
リスザルも居て、エサを食べながら近づいてきてくれました。
しかもめっちゃ潤んだ瞳でこっちをじぃ~っと見つめてた。
コイツ、絶対私に惚れてる♪(性別は不明)

Dscn8941_r

そして最後に行ったのが小動物とのふれあいコーナーでございます。

ガチョウ、ミニブタ、モルモット、ネザーランドドワーフ、ロップイヤーラビットなどがいたんやけど、放し飼いにされてるのはロップイヤーのみ。
ロップのみなさん、とっても元気であちこち走り回っておりましたよ。

Dscn8973_r

ここのウサギはみんな体格がよく、うちのウサギ達が貧相に見えてしまうほど。
女の子が結構多くて、初めてマフマフに触らせて頂きました♪

Dscn8975_r

自分ちのウサギを放ったらかしにしてよそのウサギさん達と遊ぶことに少々罪悪感を覚えたものの、楽しく過ごさせてもらいました。

プレーリードッグもいました。
プレーリーって見てて飽きないですね。
ちょっと動いたらポーズを決め、また少し動いたらポーズを・・・
君らはモデルか!(笑)

Dscn8983_r

こんな感じでイングランドの丘をたっぷり堪能したたま。
結局4時間くらいいたのかなぁ。
なかなか楽しかったですよ♪

まだまだ書きたいことはいっぱいあるんやけど、これ以上書くと長くなるので続きは次回っちゅうことで^^

follow us in feedly

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ