« しし丸の60分 | トップページ | かめんぽ »

有機野菜とハーブの土作り~プランター編

昨日に続いて今日も2件連続投稿です。
まず1件目は有機菜園について。

今回はプランターや鉢で栽培する場合の土作りです。
ここで書くのは、私が実際にマンションのベランダでプランター栽培してた時の土作り方法で、今でもプランターで作る時は同じ配分にしてます。
畑の土作りに比べるとぜ~んぜん楽なんで簡単に始められますよ。
※土作りは畑の時と同じく、種蒔きや苗植えの1~2週間前までには済ませておいてください。

Dscn5037_r

<必要な物>
・軍手、スコップ(小)、熊手、プランターなど
苦土石灰 →土の消毒と、酸度調整をするもの
赤玉土(小粒)→これが基本用土となります
腐葉土 →土をフカフカにし、水捌けをよくする
軽石 →水捌けを良くする為に容器の底に敷くもので、ごろ土でもOK
・有機質堆肥(牛糞堆肥、鶏糞堆肥、バーク堆肥、生ゴミ堆肥など)
 →土壌改良&元肥として使用。ベランダだと匂いが気になるので、マンション住まいの時はバイオゴールド クラシック元肥 を使ってました。

<土を作ってみよう>
①容器に軽石を2cmくらい敷き詰める。
②大きめのバケツ等を使って、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜる
③用土1ℓあたり、苦土石灰を3g加えてよく混ぜる
※ここまでの作業を植え付け(種蒔き)の2週間前までに済ますこと!
④牛糞堆肥を腐葉土と同量程度加えてよく混ぜる
※この作業を植え付け(種蒔き)の1週間前までに済ますこと!
⑤プランター(又は鉢)に入れる(スコップよりも土入れを使った方が便利)

これで出来上がりっす。
畑の土作り同様に、ポイントは④と⑤。
苦土石灰が土質を調整するのに1週間、その後、肥料を土に馴染ませるのに1週間。
この2週間が土作りでとても重要なんですって。

③④の配分は、栽培する野菜やハーブの種類によって変わってくるので本や商品の使用量について書いているとこをよく読んでみて下さい。
有機野菜とハーブの土作り~畑編」に石灰や基本用土、堆肥についての説明を書いてありますので、良かったら読んでみて下さい。
我が家ではここに書いた配分でニラ、バジル、えん麦、ネギ、オレガノを栽培してます。
因みにプチトマトは苦土石灰の量を6gにしてました。

プランターに土を入れたら、あとは苗植えや種蒔きをするだけっす♪

Dscn5029_r

<容器について>
・プランターで育てる場合は幅60cmくらいの物でOKですが、根菜類を植える場合は深さのある物、キャベツなど横に広がる物ならば奥行きのある物を選んでください
・ミニトマトは鉢でも大丈夫ですが、直ぐに大きくなるので最低でも10号鉢を用意しておいた方がいいですよ

<底に敷く石について>
赤玉土(中・大粒)を敷いても構いません。
ただ実際に私が中粒を使ってた時、植え替えしようとしたら赤玉がグダグダになってたので、ここでは軽石やゴロ土をおすすめしてます。

Dscn5041_r

follow us in feedly

« しし丸の60分 | トップページ | かめんぽ »

有機栽培(カテサイ)豆知識」カテゴリの記事

コメント

たまさんプロっぽいですね~
すばらしい。
収穫が楽しみですね~
丸君も楽しみにしているみたいですし。

《親トロさん》
ふふふっ!去年に栽培を始めた時、初心者たまにも分かる範囲のことだけですが色々と調べてみたんです。
最初から上手くはいかないでしょうが、少しでも収穫できればOKですよね♪
しし丸にも仙太郎にもいっぱい食べさせてあげられるよう頑張りますよ~

助かりますー♪って私は幸せ者です。
たまさんのブログ印刷して持ってますよ。
なんかやる気出てきました。
明日本屋に行く予定なので、
もう一度挫折しないよう第一歩を踏み出したいと思います。
にして、たまさんは独学ですか?すごいなー。

《ほっぺたいようさん》
まだまだ初心者なので、自分で分かる範囲のことしか書けてませんが、こんなんでよければ是非参考にしてやってください。
本屋さんでいい本に出合えますように♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しし丸の60分 | トップページ | かめんぽ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ