« ごよちゃん | トップページ | うさぎのココが好き(^^) »

ラビットケージの選び方

仙太郎を家族に迎えた時、私はウサギについて何の知識もなかった。ショップの方や病院の先生にお話を伺ったり、本やウサギ関係のHPで飼育方法や病気についてを猛勉強。
そして実際にウサギ達と一緒に生活していくうちに、彼等&自分のスタイルが少しずつ生まれてきたわけです。(つっても、まだまだ色んな悩みはあるけども)
これからウサギを飼いたいと思っている人や、ウサギを飼いだして間もない人の為に、少しでもお役に立てればいいな♪と、我が家流の飼育方法について書いてみようと思う。
今日は初回ということで、”ケージ”について。
1日中一緒に居られる人なら放し飼いって手もあるけど、それでもちょっとした外出時や、夜寝る時の事を考えるとやっぱケージは必要だと思う。
それに自室があると落ち着くみたい。仙太郎なんか、午前中に部屋で遊んでいても、お昼寝の時間になるとさっさと自室に戻って夕方まで出てきやしない^^;

さてと、まずはケージの大きさ。これは大人になったウサギさんを想定して買ってあげましょう♪意外と大きく育つ場合があるんで(^^) 
最低でも幅60cm、奥行40cm、高さ50cmくらいは必要。
本には目安として「手足を伸ばして横になれる幅・立ち上がっても耳がつかない高さ」と書いてあったりも。

次に扉について。扉は前面と上部の2箇所にあるのが便利♪
前面の扉が手前に大きく開くタイプだと、食器等の出し入れがし易いし、ウサギだって出入りしやすい。仙太郎みたいに抱っこさせてくれない子(私が下手なだけ^^;)を出すのにも便利♪
殆どが金属製なので、出入りする際に足を引っ掛けてしまいそうだったら、板や厚地の布をずれないように敷くなどしてあげて(^^)
上部の扉も大きい方が絶対便利!大き目のグッズや、内付け牧草フィーダーを入れてる人には使い勝手がいいはず。それにケージ内の掃除(特に床)をするのだって楽チン♪

床に関しては飼育者の意見がかなり大きく分かれるところ。ウサギには犬猫のような肉球がないので、床が固かったり平面だったりすると、足裏を痛めてしまう。
一般的なラビットケージの床は、金網スノコか木製スノコ仕様になっていて、金網だと排泄物が下に落ちるので、ウサギの体が汚れない。洗っても拭いてすぐ使用できるというメリットが。
網が適度にしなるから足に良いって説も。ただ、網に足の爪を引っ掛けると大変なんで、網の目の細かい物を選んであげましょ。
木製スノコの場合は金網よりも足に優しいと言われてます。ただし、排泄物で汚れたらすぐに交換出来る様に、洗い換えを用意しておくことが重要!木製スノコはトイレで上手にシッコ出来る子に適しているかも♪
どちらを選ぶにしても、足裏保護の為には牧草の座布団やプラスチック製スノコを敷いてあげる必要はあると思うから、正直どっちでも良いんじゃないの?と思う。

ケージの底の部分に引き出しが付いてるのもありますねぇ。ペットシーツを交換するのに、いちいちウサギを出したり、スノコを外す必要がないという優れもの♪
忙しい朝にはもってこい!ちょっと憧れているたまなのでした。
ま、床に落ちた牧草などの掃除をするのには、結局スノコを外す必要があるけどね。

Dscn3176_r

最後になったけど、我が家が使用しているケージを紹介♪
アイリスオーヤマ社製「ハーフカバー付きラビットケージ」
サイズは幅70cm、奥行46cm、高さ46cm(ちょい低目)。
前面扉はプラスチック製スロープなんで、うさぎが出入りするのにも安全(^^)上部扉は全開タイプだから、掃除もしやすいよ。
床は2分割できる木製スノコタイプ。分割タイプだと、ケージ内に固定してある牧草フィーダーなどのグッズがあっても楽にスノコを出し入れできる♪それに汚れた方だけ替えればいい♪
スノコは洗い替え用に、それぞれ1組ずつ予備スノコを持ってます。なんせ奴らはたまにおもらシッコをするからねぇ^^;
スノコの下にはペットシーツとか新聞を敷いておくと掃除が楽よ(^^)
シッコの飛び散りガードも全面に付いてるので、男の子や、うちの子達みたいに牧草を食べ散らかす子には良いね(^^)
引き出し付きや金網スノコは掃除が楽そうで良いなと思うけど、今のとこコレで満足♪

follow us in feedly

« ごよちゃん | トップページ | うさぎのココが好き(^^) »

飼育方法や豆知識(ウサギ)」カテゴリの記事

コメント

ウサギのケージですが・・・ウサギ福祉を考えるとネザーランドサイズのウサギでも横幅90cm、奥行き60cm、高さ45cmは必要とあります。勿論ケージは寝る時短時間だけのスペースなら横幅80cmでも良いそうです。
床材は藁や牧草が理想。
とま・・・日本から海を越え欧州に飛ぶととこんな数値が最低限になります。米国でも同じぐらいか更に大きいほどです。日本は残念ながら住宅事情がどうしてもウサギケージも小さくしてしまいます。ご自宅でスペースがあるのなら日本でも手に入る1m級の物を用意して上げられるのが理想だと思います。
http://www.petyasan.com/photono/0321.html
お邪魔致しましたぁ

たまさん、こんにちは。

うちはabシートンラビットケージ620(440x620x550mm)です。
引き出し付き、上部・前面部開閉タイプです。
掃除のしやすさと上から物の出し入れができるのでいいです。
娘購入時にそのお店にある一番大きなタイプにしました。
とりあえず寝返りがうてるのと、立ち上がった時つかえないので
今はいいですがもう少し大きくなったら買い替え予定です。TT

床がメッシュタイプなのでずっと藁マットを
敷いてきましたがもう夏ですし昨日からスノコを入れました。
うちも余程のことがない限り昼寝はケージに戻りますね。
暑さにもよりますが( ̄ー ̄;

c'est la vieさん始めまして(^^)
海外にお住まいなんでしょうかね。
もちろん飼育スペースは、広いに越したことないですよ♪
60×40×50というのは、あくまでも最低サイズです。
まあこれは各家庭の事情(特に日本のマンションではね)によりますからね(^^)
狭いなら狭いなりに、皆さん工夫もされてるようです♪
そこら辺にかんしては、またいつか書きますから今はここまで(^^♪

小町のお世話係さん、こんばんわ(^^)
引き出し付きかぁ…やっぱ憧れるわぁ♪
仙太郎も今のケージが小さくなってきたので、大きめサイズに買い替えようと思ってるんですが、その際には引き出し付きのにしようかと(^^♪
どこのウサギさんも、自室が一番落ち着くんですね。
それだけに快適に過ごせる環境を提供してあげたいものです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505876/17709835

この記事へのトラックバック一覧です: ラビットケージの選び方:

« ごよちゃん | トップページ | うさぎのココが好き(^^) »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

うさぎの本

かめの本

家庭菜園の本

無料ブログはココログ